車の選び方と購入の流れを解説!初めてのマイカーで後悔しない為には

車の選び方と購入の流れを解説!初めてのマイカーで後悔しない為には

車を購入する際、皆さんは何を基準にしてますか?

メーカー、見た目、燃費など、決め手になる要因はさまざまだと思います。

ある程度車に乗っている方は、自分の中の基準というものがあるかもしれませんが、初めて車を購入する方は何を基準にすれば良いか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

今回はそんな方向けに、車を購入する際にぜひとも考えていただきたいことを解説したいと思います。

初めてマイカーを購入するという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

購入前に考えるべきこと

メリット・デメリット

当然ですが、車は買うと決めてからすぐに自分のものになるわけではありません。

商談などもありますから、購入を決めてから半年以上かかる場合もあります。

まずは購入前に、以下の3つの点を考えていきましょう。

中古車or新車

まずは中古車を買うのか、新車を買うのかを決める必要があります。

中古車の場合は比較的安く手に入れられるというメリットがありますが、前オーナーがどんな風に車を扱っていたかは分かりにくいケースも多いです。

安く購入しても、部品が次々と劣化・故障し、修理費用がかさんでしまう場合もあります。

もちろん、非常に状態の良い中古車もありますが、車の状態などはディーラーの方に詳しく聞くようにしましょう。

新車の場合、故障のリスクは中古車と比べると圧倒的に低いです。

また、購入から3年間は車検も必要なく、3年間の部品故障に対する保証が付いていたりします。

私も一度だけナビ周辺が不具合を起こしたことがありましたが、無償で新品交換してもらいました。

安心感が欲しいなら新車がおすすめです。

ですが、中古車と比べると、やはり価格は高くなります。

200万円以上価格の差があるケースも珍しくありません。

予算

中古車or新車の購入を決めたら、次は予算を考えていきます。

300万円の車にするのか、はたまた600万円の車にするのか、ここは自分の貯金額や年収などを考慮しながら決めましょう。

車の購入は車両本体価格だけではなく、自賠責保険料や車庫証明取得費、希望ナンバー取得費など、付随する費用が加わります

総額が予算内に収まっているか、チェックが必要です。

また、オートローンを組む場合、毎月の支払額も車両本体価格によって大きく変動する場合がありますので注意が必要です。

最近では残価設定などもできますので、詳細は販売店で確認してみてください。

購入時期

車販売店では、初売りセールなど時期限定のイベントがある場合が多いです。

私がお世話になっているところでは、1月と3月にセールを行っていることがあります。

特に3月は、決算期及び新社会人が増えることもあり、セールが行われることも多いようです。

時期によっては大幅な値引きも期待できますので、購入時期に関しても要検討です。

車購入の流れ

商談

車の状態(中古車か新車)、予算、購入時期を決めたら、いよいよ車の購入を検討していきます。

ここから本格的に商談も始まりますので、しっかり吟味してください!

1.メーカーを決めよう

まずは購入したいメーカーを決めます。

トヨタ、ホンダ、日産など、メーカーはたくさんありますよね。

メーカーによって車の特徴が表れてきますので、自分好みの車種を取り扱っているところを選びましょう。

安心感のトヨタ、デザインのマツダ、軽自動車が得意なダイハツなど、それぞれ違いがあったりします。

ちなみに、これは私の勝手なイメージです(笑)

ただし、身内などが長年付き合っているディーラーがあれば、そこからの購入をおすすめします。

長年の付き合いがあると、値引き交渉など、何かと融通が効きやすいというメリットがあります。

2.試乗をしよう

車種を決めたら、必ず試乗してください。

カタログや見た目だけでは分からない疑問点も試乗によって見つけることが可能です。

実際に運転してみると、ピラー(窓の柱)が太く視認性が悪かったり、居住性がイメージと違っていたり、乗り心地が想像以上に固かったりと、いろんな発見があります。

購入候補を2〜3つ用意し、それぞれ試乗してみて、ご自分のフィーリングに合った車を探しましょう。

3.見積もりを取ろう

試乗をして自分が欲しいと思った車が見つかったら、見積もりをもらいましょう

先ほども言った通り、車の購入には車両本体価格の他に、諸々費用がかかります。

オプションを付属させるとなれば、なおさら金額が変わってきます。

支払総額が自分の考えている予算内に収まっているか、あるいは予算をオーバーしていても許容範囲なのか、しっかり見極めましょう。

4.契約

自分が乗りたい車が見つかり、支払金額にも納得することができたら、いよいよ車購入の契約をします!

車の納車時期は車種の人気度などによっても変わってきます。

人気車種の場合、半年待ちなどはザラにあります。

納車時期に関してはどうにもならない問題なので、契約した場合の納車期間は前もって聞いておき、使用したい時期に間に合うよう、余裕を持って準備しましょう。

5.ついに納車

なかなか長い道のりですが、全ての契約が終わればついに納車です!

納車に関しては、販売店で納車を行うか、担当の方に家まで持ってきてもらうか選べる場合も多いです。

ただし、車を家まで運んでもらう場合には、別途費用がかかることもあります

車が自分のもとに届いたら、まず初めに行うことは給油です!

ガソリンはほぼ入っていない状態で納車されることがほとんどですので、まずはマイカーで給油に出かけましょう!

給油口に関する記事はこちら!

購入後に失敗!?

車の失敗

自分の欲しい車を手に入れた喜びは、なんとも言えないですよね!

どこに行こうか、何をしようか、考えることはたくさんあります。

ですが、もしかすると納得した上で購入したはずなのに、

「失敗したかな」

と思う瞬間が訪れるかもしれません。

購入後に後悔しないよう、注意すべき点をいくつかまとめておきます。

毎月のローン支払い

車両価格によって、毎月の支払金額は2万円、3万円、5万円といったように大きく変わります。

「月5万円くらいなら大丈夫でしょ!」

と思うのは大変危険です。

これは特に新社会人に多い失敗だと思います。

実際、毎月の給料から3〜5万円が引かれるというのは結構デカいです。

社会人になりたての方は、なんとかなる精神で契約してしまう方も多いようですが、後悔しても遅いです。

もちろん、金銭的に余裕がある方は問題ありませんが、世の中そのような方だけではありません。

ローンの金額が毎月出費として計上されても問題ないかどうか、慎重に考えてみてください。

必ず発生する費用

車を所有する場合、必ず定期的に発生する費用というものが存在します。

代表的なのは自動車税、ガソリン代、保険料、駐車場代あたりでしょうか。

特に自動車税に関しては、毎年5月に納税しますが、これが意外と高い

中古車の場合、車両本体は比較的安く購入することができますが、税金の場合そうはいきません。

高級車を中古で購入する方も中にはいらっしゃると思いますが、高級車は排気量も大きい車種が多い為、自動車税が跳ね上がることもあります。

4000cc超えの車になると、自動車税だけで10万円近くになります。

つまり、大排気量の高級車を中古で購入しても、維持費はそれ相応にかかってくるのです。

また、大排気量になると燃費も悪くなることが多く、高級車はハイオク仕様が多い為ガソリン代も高くつきます。

こういったことを熟考しないまま、中古で高級車などを購入してしまうと、後悔することにもなりかねないので、しっかり維持ができるかどうかも考えた上で、車種選定をしましょう。

購入後の失敗を防ぐために

運転する人

実際、私の友人が車の購入後に失敗しています。

高級外車を中古で購入したのですが、維持が大変になり結局売却してしまいました。

自分が欲しい車を購入しても、維持ができなくては意味がありません

このような失敗を未然に防ぐ為にも、しっかり考える時間は非常に大切になります。

実際にやってみる

毎月のローンの金額を引いた残金で、生活に影響がないかどうかやってみるというのも一つの手です。

例えば、手取り20万円で毎月3万円のローン返済になる場合は、手取りから3万円引いた金額(17万円)で生活してみる、というものです。

1ヶ月やってみるだけでも、だいぶ感覚が掴めてきます。

生活する上で特に支障がなければ問題ないでしょうし、逆に引いた金額で生活が厳しくなれば、車両価格の見直しなども必要ということです。

あくまでも一例ですので、この方法が正しいというわけではないですが、特に新社会人の方は給与も安定しにくいので、実際に生活してみて確かめるというのもアリかと思います。

維持費をよく考える

前述した通り、車を所有する上では、「必ず定期的に発生する費用」という避けられないものがあります。

特に自家用車で通勤をする場合、ガソリン代も通常よりは高くなるでしょう(会社が負担する場合は別)。

また、任意保険に関しても、保険加入時は等級も低い為、毎月の保険料も高くなる傾向があります。

通常は6等級からスタートしますが、免許を取ったばかりだと毎月の保険料は1万円を軽く超えてきます

アパートやマンション暮らしの場合は駐車場代もかかります。

初めて車を購入する場合は、特にこのような費用を考えることが大切になります。

何も考えないまま高級車などを購入してしまうと、後々の支払いで苦しむこともあります

「この車なら、毎月どれくらいの維持費になるんだろう」

と考えてみることが大切です。

まとめ

並べられた車

車の選び方と購入の流れ、気をつけるべき点についてご説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

選ぶ上でさまざまな基準がありますし、何も考えずに購入すると失敗につながることもあります。

私は車が大好きなので、好きな車に乗りたいという気持ちも分かりますが、皆さんには車選びで失敗してほしくありません。

自分の車に関わる費用で生活がままならないといった状況だけは避けていただきたいです。

ライフスタイルに合った車

車を購入する際は、使用目的を明確にしましょう。

車選びの失敗要因は、維持費だけではありません。

例えば、家族を乗せるつもりであるのにスポーツカーを買ったり、悪路を走行するのにセダンを買ったりすると、失敗の元になります。

趣味で車を購入するのであれば、どのようなタイプでも問題はありませんが、メインで使用する車は、何の目的で使用するのかをはっきりさせておきましょう。

それぞれの目的にピッタリ合う車というものが必ずあります。

諸費用は必ず確認

しつこいようですが、車の維持にはそれ相応のお金がかかります

単に車両価格だけで決めてしまうと、維持ができないという状況になる可能性もあります。

毎月のローン支払い、自動車税、ガソリン代、保険料などを加味して車選びをするようにしましょう。

生活を圧迫する可能性があれば、車種の見直しなどをおすすめします。

残価設定という選択肢

冒頭で少し触れましたが、最近では車の購入の際には「残価設定」というプランを選ぶことができます。

残価設定とは、あらかじめ数年後の下取り価格を決めておき、車両価格から下取り価格を差し引いた金額を毎月支払うというやり方です。

この方法の良さは、事前に下取り価格が決定される為、下取り価格が保証されている点にあります。

メリット・デメリットはありますが、毎月の支払い金額は低くなる傾向がありますので、検討する価値のある支払方法です。

ただし、車の状態によっては追加費用を支払わなければならない場合もありますので、販売店に詳しく聞いてみてください。

最後に

一番良いのは「自分が乗りたい車」を選ぶことです。

それは間違いありません。

ですが、「乗りたい車」と「経済状況」と「使用目的」は必ずバランスを取らなければなりません

欲しい車だからといって、予算以上の車を購入すれば後々経済的に苦しい思いをします。

また、使用目的に合っていない車を購入すれば、当然ですが失敗の元になります。

少し厳しくなりますが、理想だけで車を維持するのはなかなか難しいです。

欲しい車と自分の環境がマッチしているかを考える必要があります。

近年、「若者の車離れ」が話題になっていますが、上記のような失敗をして車離れをしてほしくありません。

自分で購入した車には、絶対に愛着が湧くはずです。

その愛着を無くさない為にも、ぜひとも気をつけていただきたいと思っています。

「この車を買ってよかったな」

と心の底から思えるようになっていただきたいです。

その為には、現実的な金銭面の問題などにもしっかり向き合う必要があります。

特に初めてのマイカー購入は特別なものですから、じっくり考えてください。

この記事を参考にしていただき、自分に合った車を見つけていただければ幸いです。

ご一緒に、カーライフを楽しみましょう!