車のパッシングとハザードランプの意味は?やり方とタイミングを解説!

車のパッシングとハザードランプの意味は?やり方とタイミングを解説!

運転中にパッシングハザードランプを点灯させる車を見かける時がありますが、意味をご存知でしょうか?

長年車に乗っている方はご存知だとは思いますが、免許を取ったばかりだと、意味を知らないという方も多いのではないでしょうか。

最近では、教習所などでも教えてくれる場合が多いという話を聞きましたが、知らない方は、ぜひここで覚えて行ってください。

いろんな種類の意味がありますが、知っていると便利な場面が多々あります。

すでに知っている方はおさらい程度に、初めて聞く方はこの機会にぜひとも覚えていただき、運転中に活用していきましょう。

パッシングとは

対向車のパッシング

簡単に説明すると、ヘッドライトを一瞬ピカッピカッと光らせる行為です。

対向車に何かを知らせる場合に使用することが多いです。

たまに後続車からパッシングされることもありますが、これは少し意味が違ってきます。

基本的には、ウインカーレバーを手前に引くとハイビームになりますので、1〜2回手前にカチカチっと引いて、一瞬ピカッと光らせることができます。

どのような時に行うのか、詳しくみていきましょう。

右折時

運転中に片側一車線などで右折する為に、方向指示器を出して待っている場面です。

これは、「自分が待つので右折して良いですよ」という合図になります。

トラックやバスの運転手は、このようにして譲ってくれることが多いですね。

後続車が詰まっている時などに譲ってもらうと嬉しいです。

右折時に合図をもらったら、その車は待ってくれますので、速やかに右折しましょう。

その際、こちらもパッシングをすると感謝の念を伝えることができますよ(^^)

直線道路

これは、「この先で速度などの取り締まりをやっていますよ」と教えてくれています。

俗に言う「ネズミ捕り」というやつです。

見晴らしの良い直線道路を走行中に、パッシングを受けた場合、その先で何らかの取り締まりを行なっているケースが多いですので、注意しながら運転しましょう。

もちろん、やましい事をしていなければ全く問題ありません(笑)

見晴らしの良い道路はついついスピードが出てしまいがちですので、パッシングをされたらスピードを確認し、出過ぎている場合はしっかり減速しましょう。

カーブ

これは、「カーブの先で何らかの原因で停車している車がある」という合図です。

停車の理由は道路の工事、事故などさまざまです。

これは私も一度だけ経験があるのですが、峠道を運転中に対向車のトラックからパッシングを受けました。

念の為減速してカーブを曲がると、その先で事故を起こした車がありました。

そのまま突っ込んでいたらと思うとゾッとします。

その時は、トラックの運転手に対して本当に感謝しましたね!

頻度としては少ないとは思いますが、このようなケースもありますので注意しましょう。

狭い道路

私の住んでいる地域にもありますが、どちらかの車が手前で待たないとすれ違いができない道も存在します。

そんな時にも、遠くからパッシングされることがあります。

私が待ちますので、きて良いですよ」という合図です。

すれ違いざまにクラクションを一瞬プッと鳴らすなどして、感謝の念を伝えましょう。

後続車

これは高速道路を運転しているとたまに見かけますが、「急いでいるからどいてほしい」という意思表示です。

追越車線を走行している時に多いです。

そんな時は、速やかに道を譲ってあげましょう

後々トラブルに巻き込まれても面倒です。

極端に車間距離を詰めてきてパッシングを繰り返すような場合は、あおり運転ですので、すぐさま通報し、然るべき対処をしましょう。

ハザードランプとは

ハザードランプボタン

ハザードランプは使用する機会も多いのではないでしょうか。

こちらは、後続車に何かを知らせる場合に使用します。

△の赤いボタンを押すとハザードランプを点灯させることができます。

停車・駐車

これは普段から目にすると思いますが、停車中に点灯させている場合、

「停まっていますよ」

と知らせる役割ですね。

運転中に停車する場合も、停まる前にハザードを点灯させ、意思表示しましょう

これは、駐車場などでも使えます。

空いているスペースを見つけ、駐車する際にハザードを点灯させることによって、後続車に「これから駐車しますので、前に来ないでくださいね」という注意を促すこともできます。

サンキューハザード

運転中に車線変更したり、脇道から合流するときにハザードランプを点灯させる方も多いですよね。

これは俗に言う「サンキューハザード」というもので、「入れてくれてありがとう」という意味があります。

信号待ちなどで止まっている時に、横から車が出てくる時もありますよね。

そんな時は、信号が青になっても少し止まり、車を入れてあげましょう。

結構な確率で、「サンキューハザード」を点灯させてくれますよ!

減速時

これは、前方で何か減速しなければならない事柄が発生しているという合図です。

例えば、高速道路を走行中に渋滞が発生した場合、後続車にそれを伝える為に点灯させたりします。

80km/h以上で走行すると危険なので、減速してくださいという注意喚起ですね。

これを見た際は、自分も後続車に伝える為にハザードを点灯させましょう。

また、道路が工事中で片側交互通行になっており、一時停止しなければならない場合も、ハザードを点灯させると効果的です。

後続車は何も知らずに走行しているので、合図をせずに止まるのは危険です。

工事中の道路には、大抵旗などを振っている方がいらっしゃいますので、「止まってください」の合図をされたら、後続車にその旨を伝えるためにハザードを点灯させ、停車するようにしましょう。

視界不良時

これは、前が見えないほどの大雨・大雪の際に使用します。

視界不良時は、後続車も危険ですが、対向車がこちらの車を視認できないことがあります。

後続車だけではなく、対向車にも車の存在を知らせる為に、ハザードを点灯させながら走行します。

その際はハザードだけでなく、ヘッドライトも点灯させると、対向車もこちらの存在に気づきやすくなります。

パッシング・ハザードの注意点

運転中に使用すると非常に便利ですが、使い方を間違えるとトラブルにつながる可能性もあります。

そうならない為に、注意点をしっかり理解し、正しく行うようにしましょう。

やりすぎは不快感につながる

特にパッシングに言えることですが、あまりにもピカピカ光らせると不快感につながります。

基本的にはハイビームを相手に向けているわけですから、頻繁にやられると非常に眩しいです。

特に、夜にパッシングを頻繁に行うと相当眩しく感じますので、注意してください。

過度なパッシングは相手に誤解を与える可能性もありますし、前方の車にも迷惑がかかります。

光らせる回数は1〜2回、多くても3回までにしてください。

前方の車

ハザードランプの消し忘れ

たまにですが、「サンキューハザード」でお礼を伝えた後、ハザードランプを消し忘れて点灯したまま走行している方がいます。

これも、後続車にとっては少し迷惑です。

理由があってハザードを点灯するのは何の問題もないですが、理由もなく点灯させていると、

「減速するのかな」

「止まるのかな」

といった誤解を与え、交通の流れを悪くします。

サンキューハザードは良いことですが、消し忘れには注意しましょう。

2〜3回点滅させれば相手は理解できるので、点灯後は必ず消してください。

ハザードランプ

まとめ

パッシング・ハザードランプの意味と使うタイミングについてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

正しく使えば、車に乗りながら対向車や後続車に自分の意思表示をすることが可能です。

自分の意思表示および相手の意図をしっかりと理解できるようにしましょう。

事故につながる可能性も

右折時に対向車から合図を受けたからといって、そのまま右折してはいけません。

必ず横断歩道などに歩行者がいないことを確認してください。

実際に車が右折し、歩行者と接触してしまう事故は、たびたび起きています。

譲ってもらった際は、対向車に感謝するとともに、必ず歩行者がいないことを確認してから曲がってください

やらなくても問題はないが…

パッシングやハザードは、ここまで述べてきたような場面で、必ずやらなければいけないという法律はありません。

ですが、一種のマナーになっているというのも事実です。

慣れてしまえば簡単なので、自分が道を譲る際や、横から入れてもらった際は、感謝の念を伝えた方が良いと思います。

合図を受けた方は悪い気はしませんし、むしろ入れて良かったなと感じます。

また、事故を未然に防ぐという意味合いでも使えますので、ぜひとも活用していただきたいです。

最後に

前述した通り、過度に行うと相手に不快感を与える為、避けた方が良いですが、上手く使えば運転手同士で意思疎通が可能です。

「譲ります」、「感謝」、「危険」など、その時々で意味合いが変わってきます。

しかし、慣れてしまえば場面に合った意味が自然と理解できるようになります

いまやパッシングとハザードは、快適な運転には欠かせないものとなっています。

もちろん、パッシングをして煽るような行為は厳禁ですが、しっかりと意味を理解し、正しく行えば、お互いに気持ちよく運転することができます。

初心者の方はなかなか上手くできないかもしれませんが、徐々に慣れれば誰でもできるようになりますのでご安心ください。

皆さんもこれらを活用し、誰もが気持ちよく運転できる環境を作っていきましょう!

他にも、車の豆知識に関する記事がありますので、ぜひご覧ください!