ゼロクリーナーとゼロドロップの効果!水垢落とし・高撥水の組み合わせは最高?

ゼロクリーナーとゼロドロップの効果!水垢落とし・高撥水の組み合わせは最高?

ついつい、一目惚れして買ってしまいました。

シュアラスターの「ゼロクリーナー」と「ゼロドロップ」です。

洗車用品で「シュアラスター」は定番中の定番ですね!

「最近車の水垢が目立つな」

と思い、カー用品を眺めていたところ、見つけてしまいました(笑)

シュアラスターのゼロクリーナー

私の車はコーティング施工車なので、できればボディに優しいノーコンパウンドの水垢クリーナーを使いたいところです。

ちなみにノーコンパウンドとは、研磨剤が入っていないことを意味します。

コーティング施工車に研磨剤が入っているものを使用してしまうと、コーディングを剥がしてしまうことになります。

そして、どうせなら高撥水のコーティング剤を使ってみようと思い、併せてシュアラスターのゼロドロップも購入いたしました!

いつもはお手軽なゼロフィニッシュを愛用していますが、今回は「高撥水」という文字に惹かれ即購入(笑)

ゼロクリーナーとゼロドロップを実際に使用してみましたので、ぜひ最後までご覧ください!

ゼロフィニッシュの記事はこちら!

作業前の下準備

ボディに何かを施そうと思ったら、まずは必ず洗車を行ってください。

私のブログでは何度か言っておりますが、汚れがついたまま作業すると車が傷だらけになってしまいます。

面倒でも、洗車は絶対に必要です。

ボディの水垢

下の写真は、私の車のトランク部分(洗車前)です。

白く写っているものは雲ですが、丸い印の中に水垢がこびりついているのがお分かりでしょうか?

ぽつぽつと丸いシミがあります。

最近洗車をしてもシミが落ちにくく困っていました。

まずは表面に付着した細かいホコリなどを洗い流していきます。

水垢汚れ

細い汚れを除去すると?

一通り汚れを洗い流した際の写真がこちらです。

やはり、写真中央の丸いシミは落ちていないのが分かります。

黒っぽいシミが点になってこびりついています。

この状態で、まずはゼロクリーナーを使用して水垢を落としていきます。

どれだけ綺麗になるか楽しみです(^^)

水垢除去・コーティング作業

ボディを洗ったら、水垢除去を行っていきます。

ちなみに、私は風通しの良い屋外で、日差しの強くない夕方に作業しました。

早速作業の様子を見ていきましょう!

ゼロクリーナーを吹きかける!

水垢が気になる部分に1〜2プッシュ程度、シュッと吹きかけます。

タオルに泡を吹きかけて使用するのも良いかと思います。

吹きかけると少しシュワシュワ音がして、なんだか汚れに効いている感じがします!

泡を吹きかけたら、すぐに固く絞ったタオルで優しく拭いていきます

決して強く擦らず、汚れが落ちるまで丁寧に拭きましょう。

理想としては、拭き取った後に再度水洗いするのがベストです。

私は1回ではなかなか落ちなかったので、2〜3回ほどこの作業を繰り返しました。

気をつけるべき事としては、注意書きにも書いてあるのですが、まずは目立ちにくい場所で試すことをお勧めします。

ノーコンパウンドですが、塗装が劣化してしまう可能性もゼロではないので、少し塗布して問題がないことを確かめてから全体に使用するようにしてください。

私の車は問題ありませんでした!

ゼロクリーナー塗布
クリーナー拭き取り

水垢は落ちるのか?

実際にゼロクリーナーで水垢除去をした後の写真です。

ん???

水垢が落ちてる!!!

さっきまで表面にこびりついていた水垢がなくなっています!

正直なお話をすると、本当に落ちると思っていませんでした(笑)

ただし、クリーナーを使用した箇所は、若干ですが艶がなくなったような気がしましたので、この後ゼロドロップを使用してコーティング作業をしていきます!

クリーナー拭き取り後

ゼロドロップ施工

水垢も落ちたところで、ゼロドロップで撥水加工を施していきます!

こちらも同様に、シュッと吹きかけ拭き取るという作業を繰り返します

大体50cm四方に1プッシュといったところです。

今回はトランク全体にゼロクリーナーを使用しましたので、同じように全体に塗布してムラなく拭きます。

この時、乾いたタオルを使用するとムラができにくいです!

最初は引っかかるような感覚がありますが、全体に馴染んでくるとスーッと拭くことができます。

屋外の風が強いところで使用する場合、霧が飛び散りやすいのでご注意ください。

ゼロドロップ吹きかけ
ゼロドロップ拭き取り

施工後の効果が凄い!

初めてゼロドロップを使用しましたが、これは凄いです。

写真ではなかなか分かりませんが、指で触るとめちゃくちゃツルツルします

「高撥水」というだけありますね!

30分程乾燥させましたが、艶も元どおりに出ており、電柱などもしっかり映ります(笑)

艶が出るのも嬉しいですが、ツルツルしすぎてビックリしました!

雨の日もしっかり水を弾いてくれそうです!

ツルツルのボディ
ゼロドロップ施工後

実際に使ってみた感想

今回は初めてゼロクリーナーとゼロドロップを使用しましたが、なかなか良い感じです。

使い勝手も悪くありません。

実際に使用してみて、個人的に感じた点を5つにまとめてみたいと思います。

難しい作業が一切ない!

ゼロクリーナー・ゼロドロップともに、基本的にやる事といえば「吹きかけて拭く」を繰り返すだけです。

誰でも作業をすることができます。

もちろん、事前に洗車は必要ですが、面倒な下処理等はありません

シュッと吹きかけて、サッと拭くだけ。

本当に簡単です。

いろんな箇所に使用できる!

この2つは、ボディだけではなく、ホイールや樹脂パーツにも使用することができます。

また、ゼロクリーナーに関していえば、鳥のフンや虫の死骸の除去にも対応しています。

鳥のフン・虫汚れは、時間が経つと洗車でもなかなか落ちない場合がありますので、そんな時にも大活躍です。

すぐに効果を実感できる!

ゼロクリーナーはある程度の水垢汚れは簡単に落ちますし、ゼロドロップは施工した数分後にはツルツルボディに大変身しています。

私もゼロドロップ施工後は1〜2分くらいずっとトランク部分を触っていました(笑)

艶もしっかり出て高撥水ですから、これは洗車好きの私にとっては常備品候補の仲間入りですね。

簡単だが時間はかかる

ゼロクリーナーを水垢除去の目的で使用する際、作業が簡単とはいえ、少しずつ作業しなければならないので、若干作業に時間を要します。

泡を吹きかけ、タオルで拭き、汚れが残っていれば再度吹きかけ、また拭きます。

タオルにも泡が染みてくるため、ボディ全体に使用する際はこまめにタオルを水で洗う必要もあります。

難しい作業はありませんが、時間がかかる場合もありますので、時間に余裕がある時に作業した方が良いでしょう。

塗装の中まで入った汚れは取れない

ゼロクリーナーは、表面の水垢は難なく落としてくれますが、長年放置し、塗装の中にまで入ってしまった水垢までは落としてくれません。

そのような水垢は、ポリッシャー等で削らないと落とすことはできません。

何年も洗車していないような状態では効果を発揮できない可能性もあります。

作業上の注意点

ゼロクリーナーとゼロドロップにも、もちろん使用する上での注意点があります。

ですが、特に気をつけたいのはゼロクリーナーの使い方です。

ゼロクリーナーの注意すべき点をまとめておきます。

塗布後放置は厳禁

泡を噴射した後にそのまま放置するのは厳禁です。

クリーナーの成分は弱アルカリ性です。

アルカリ性は高い洗浄力が期待できますが、付着したままにするとコーティング面や塗装面が傷みます

泡が付着した部分は、水で洗い流すのが一番良いですが、それが難しい場合は注意しながら拭き取ってください。

再塗装車には使用不可

中には塗装が経年劣化して再塗装した方や、ボディカラーを変えるために再塗装した方もいるかと思います。

そのような場合は、ゼロクリーナーの使用はおすすめできません

なぜかというと、再塗装を行う場合、その塗装品質は業者によって大きな差が生まれる場合があるからです。

施工しても大丈夫という保証がありません。

クリーナーやコーティング剤を塗布し、塗装が劣化してしまっては意味がありませんよね。

ここはあくまでも自己責任にはなりますが、再塗装車や劣化した塗装には使用しないのが無難です。

肌の弱い方は手袋を

アルカリ性の物質が肌に付着すると、肌荒れの原因になったりします。

肌が弱い方は、ゴム手袋などをしながら作業するようにしましょう

手荒れのひどい方などは、必ず手袋を着用し、肌に触れた際はすぐに洗い流してください。

まとめ

実際にゼロクリーナーとゼロドロップを使って車を綺麗にしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

個人的には大満足です。

洗車好きの私にとっては、作業時間はさほど気になりませんでしたし、何よりツルツルで気持ちが良いです(笑)

これは、一度味わうとクセになりますね。

今回はトランク部分のみで試しましたが、時間のある時にボディ全体に施工していきたいと思います。

撥水効果は申し分なし

施工した次の日は、あいにくの雨でしたが、トランクは凄まじく水を弾いていました

そのまま走行し、家に着いてトランクを確認したところ、雨はほとんど吹き飛ばされていました。

効果は十分すぎるほどです。

撥水効果に関しては、ゼロドロップはゼロフィニッシュよりも優れているように感じました。

早めの対策が大事

ゼロクリーナーはノーコンパウンドの為、前述した通り塗装にめり込んだ汚れは取れません

そうなる前に汚れを落とすことが大切です。

表面にこびりついた水垢は、ゼロクリーナーを使って普通に落とせますので、水垢が付着してきた時に定期的に落とすようにしましょう。

最後に

ゼロクリーナーとゼロドロップというのは、良いコンビだと思いました!

ゼロクリーナーで表面を綺麗にし、ゼロドロップで高撥水のコーティングを施す。

素晴らしいです(笑)

ただし、ゼロドロップには洗浄成分は含まれていないようなので注意が必要です。

ゼロフィニッシュは洗浄成分も含まれているので、洗車後の汚れが残った部分や、急な汚れに対しても使用できますが、ゼロドロップは汚れている部分には使用できません。

ある程度の撥水効果と洗浄成分を持ち合わせたゼロフィニッシュと、撥水に特化したゼロドロップ、といったところでしょうか。

ここは、それぞれの好みによって別れてくる部分だと思います。

撥水の効果を最大限引き出したい

という方は、ぜひともご紹介した2つの商品を使ってみてください!